最近ものが増えたので

スノコで簡単な棚を作ってすっきり収納を目指す

同じ家にずっと住んでいると、特に大きなものを購入しているわけではないのに、どんどんと物が増えていくものです。
我が家も、かなり物が多くなってきてしまい、なんとなく乱雑な雰囲気の家になってきてしまいました。
そこで、見栄え良く上手に収納ができるようにと、いろいろな作業をしたのです。

その一つが、DIYで棚を作って小物や日常用品を収納するようにしたことです。
といっても、プロの職人さんのように家具が作れるわけではないので、ホームセンターでよく売っているスノコを活用して簡単な棚を作ることにしました。

スノコはすでにしっかりと形になっているので、それを組み合わせれば必要な大きさに合った箱や棚を作ることができてとても便利です。
必要なものと言えば、釘に金づち、ペンキくらいで余分なものが要りません。

スノコを選ぶ際には、しっかりと釘やビスで固定されていてグラグラしないものを選びましょう。
しっかりと固定されていないと、重いものを載せたときに割れてしまったり、組み合わせたところが外れてしまったりするからです。
我が家の場合は、本や水などの重いものを収納したかったので、いろいろな種類がある中、一番がっしりしているものを選びました。

高さや大きさを自在に変えられるのが便利

スノコを使って収納スペースを作るメリットは、組み合わせるスノコの数によって、棚の段数を増やしたり、箱の大きさを変えたりと、自由に用途に合わせられることです。
我が家では、水のペットボトルを収納する中型の箱と、4段の棚を作ることにしました。
大きさをしっかりと決めたら、後は釘を打って固定すれば出来上がりという簡単さがDIY向きです。

そして、やはりホームセンターで買った白のペンキを塗って、さわやかな印象に仕上げることにしました。
いろいろと見てみると、ニスを塗ってアンティーク調にしたり、黒くして現代風に仕上げたりすることができて、いろいろ試してみるのも面白そうだなと思いますね。

スノコを使って収納上手になる

スノコは収納スペースを作るのにとても便利で、大きめの箱を作ったり棚を作ったりする以外にもたくさん用途があります。
たとえば、小さ目にスノコを切って小さな棚を作り、金属製のアミや箱を付ければ、台所の調味料入れになりますね。
見た目もすっきりとしてかわいいので、みんなから見えるところに置いてもOKです。

また、スノコを好みの色に塗って、壁に立てかけるだけでも見た目の良い飾り棚になります。
小さな写真フレームを置いたり、ミニポットに植物を植えこんでリビングの飾りにすることもできるでしょう。
収納スペースを取りながらも、家の見た目を改善するのにとても役立ちますね。